スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新秋九月大歌舞伎

この秋のお彼岸は25日にお墓参りへ…。
いつもは中日を過ぎて行くことはないのですが、
今回は歌舞伎のチケットを取っていたので母と
お参りの後行くことに…。
新橋演舞場「新秋九月大歌舞伎」<夜の部>です。
 
 
「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」

今回の観劇の目的は母に大好きな海老蔵を
生で見せたいということでした。
で、ここでの海老蔵。女形です。綺麗だけどデカイです。
「加賀見山…」は「女忠臣蔵」とも云われる御殿女中のあだ討ち物で
海老蔵演じるお局「岩藤」は敵役。
「岩藤」方のお女中衆も「岩藤」同様
いつもは立役の役者が演じていて、
例えれば「魁!男塾」の皆さんがメイド服を
まとっているようなものでしょうか(笑)。
深刻なストーリーですが、
海老蔵さんがただ憎々しいだけの悪役ではなく、
人間味のある「岩藤」を演じていて面白く見られました。 
そして主人のあだ討ちをする「お初」役の亀治郎。
女形は初めて見たのですが、(というよりほとんど大河の
武田信玄のイメージしかなかったので)
あまりのかわいらしさにたまげました!
「お初」の主人、中老「尾上」は時蔵。
「岩藤」らの陰謀で無実の罪を着せられ、
死を決意して花道から退場する場面は、
無念さで見も心もズタズタの風情が痛々しく、
流石の名演技でした。



「色彩間刈豆(いろもようちょっとかりまめ)」

海老蔵演じる予右衛門は恋人かさね(亀治郎)と
心中の約束をするも一人出奔。
逃走中、かさねの母と深い仲となりその夫助を殺す大悪人です。
追ってきた身重のかさねにわざわざ二人の因果を話した末
彼女も殺して逃げようとしますが、
かさねの怨念に引き戻されてしまいます。
今回花道近くの席が取れたので、
予右衛門が逃げては、かさねのすさまじい怨念に
引き戻される鬼気迫まる演技を真近で堪能できました。

母は去年、一緒に歌舞伎座に行った時、
案内をもらったのをきっかけにスカパーの
歌舞伎チャンネルを契約して、毎日見ているよう。
還暦すぎて趣味が増えるっていいなと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みのり

Author:みのり
東京で4匹のうさぎと
暮らしています。
ペットシッター/ナチュラルペットケア・アドバイザー

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。